本文へ移動

園の概要

子どもが 子どもとして 子どもらしく 生きられる幼稚園
園舎外観
ごあいさつ

本園はプロテスタント教会である日本福音ルーテル蒲田教会附属の幼稚園です。
キリスト教の精神に基づき、園児一人ひとりを神様によって生かされている“かけがえのない存在”として受け入れ、一人ひとりの発達段階を踏まえながら、誠心誠意豊かに寄り添い、人として優しい心根を育むことを目指しております。
幼児期は、人格を形成していく上で最も重要な時期であることから一人の“人”として成長していくために同年齢や異年齢集団での遊びの生活を通して人と人との関係を築く力を養い、他者との違いに気付き、互いに認め合いながら社会性・協調性・主体性・創造性・想像性などが育ち、豊かな感性や活きる力が育つことを目指して保育を展開してまいります。
貴家のお子様が心身ともに健やかに成長なさるために、一人ひとりのお子様のありのままの今を受け止めながら、家庭的な雰囲気のなかで目の行き届いた保育を実践しています。本園にお子様を託していただけますようお待ちしております。
園長 矢木 一美

遊びの生活を通して育つ

遊具
「人格形成期」である幼児期は、一人の<人>として成長していく大切な時期です。 同年齢や異年齢集団での遊びの生活を積み重ねながら人と人との関係を築く力を養い、他者との違いに気付き、互いに認め合い社会性・協調性・主体性・自主性などを培い、豊かな感性や生きる力が備わることを目指した保育を実践しています。
“自由遊びの時間”を大切にし、自ら積極的に意欲的に遊びを工夫し、模倣・模索・思考を繰り返しながら遊びこむ経験を積み重ねていきます。
自己主張によるぶつかり合いがけんかにつながることもあり、我慢することや悔しさを経験し、謝ったり謝られたり、譲ったり譲られたりすることを通して互いに認め合いながら<自己を確立>していきます。そのために幼児期は、集団生活の場で“遊びの生活”を積み重ねることが大切です。
保育理念
〜愛されている自信を持つ〜
この園は、1951年に地域の皆様からの強いご要望で、この地に建てられたキリスト教主義の幼稚園です。
聖書のことばの「若い日に造り主を覚え、神と人から愛される子どもになるように」という教育目標を創立当初から一貫して掲げています。愛されていることを実感できる子どもは、心が安らいで、ほかの人を愛することができます。  
豊かな環境のもとで
都会の幼稚園としては珍しく600坪の敷地には、桜やシイノキやケヤキなどの樹木とビワ・ぶどう・りんご・柿・夏みかんなどが実をつけ、薔薇・つつじ・紫陽花・タイサンボクなど、四季折々に花々が咲き、蝶が舞い、小鳥がさえずる豊かな自然に囲まれた環境のもとで、神様のふところに抱かれ、豊かな恵みを受けながら過ごす日々を通して人として優しく穏やかな心根が育ちます。
遊びの生活を通して育つ
「人格形成期」である幼児期は、一人の<人>として成長していく大切な時期です。 同年齢や異年齢集団での遊びの生活を積み重ねながら人と人との関係を築く力を養い、他者との違いに気付き、互いに認め合い社会性・協調性・主体性・自主性などを培い、豊かな感性や生きる力が備わることを目指した保育を実践います。
“自由遊びの時間”を大切にし、自ら積極的に意欲的に遊びを工夫し、模倣して・模索・思考を繰り返しながら遊びこむ経験を積み重ねていきます。自己主張によるぶつかり合いがけんかにつながることもあり、我慢することや悔しさを経験し、謝ったり謝られたり、譲ったり譲られたりすることを通して互いに認め合いながら<自己を確立>していきます。そのために幼児期は、集団生活の場で“遊びの生活”を積み重ねることが大切です。
国際性を養う土壌を!
世界で起こっている出来事は、時空を超えて刻々と日本にもたらされ、国際化の波は間違いなく押し寄せてきています。そして、多くの人々は『世界はひとつ』であることを実感されていることでしょう。私たちの蒲田ルーテル幼稚園においても、いろいろな国のお子さまが通っておられます。子どもたちは、国を超えて、持っている純粋な心をそれぞれが大切に受け入れ楽しく過ごしています。また、保護者の皆様も、お互いにお国の違いを超えて豊かさとなって、ご協力くださっています。
そんな国際化の波の中で、ルーテル幼稚園では、子どもたちの心が豊かに育っていくことを願っています。これまで、外国からのお客様に来ていただいてお話をしていただいたり保育園との交流にも取り組んでまいりましたが、これからも色々な形で、生活習慣・食生活等のお話を聞く場を設けたり、外国語への取り組みの場をも提供してゆきたいと考えています。
本物を・見る・聴く・触れる!
園児には、「本物を見せる、本物を聴かせる、本物に触れさせる」といったことを大切にして参りました。それを通して見る心、聞く心を豊かに育む取り組みをしています。幼いうちに本物を見、聴き、触れることによって、将来ひとりの人として成長する中に豊かな感性が育つものと信じています。
これまで公開講演会などを通して一流と呼ばれる声楽家、三味線奏者、ヴァイオリン奏者、 フルート奏者、オルガン奏者の方々をお呼びして参りました。
また、本物は演奏や楽器に触れるだけでなく、園庭にある、梅(5月)サクランボ(5月)びわ(6月)、ぶどう(9月)柿(10月)の開花から実りまでをつぶさに見つつ、美味しくいただくまでを、大切な教育の一環としています。
お弁当はお母さまの手で
幼稚園での昼食は、一人ひとりの子どもの栄養状態、健康状態を一番よくわかっていらっしゃるお母さまの心のこもった手作りのお弁当にまさるものはありません。時にはみんなで一緒の食事(カレーライスや豚汁など)を味わう楽しい機会もあります。また、月に1回「みんなで同じものを感謝して食べよう!」と業者によるお弁当も取り入れました。
送り迎えも教育のひとコマ
スクールバスは使用しておりません。毎日、親子が一緒に手をつなぎ、語り合いながら通園する時間は、お互いの理解を深め、心通わせる大切な楽しい時間だと思います。
また送り迎えの時には、教師とその日の出来事や育児に対する不安や疑問を話し合える良い機会です。なるべく密なコミュニケーションをと願っております。

園の概要

園名蒲田ルーテル幼稚園
設置者
宗教法人日本福音ルーテル蒲田教会
認可年月日
1952年4月21日
代表役員
永吉 秀人
園長
矢木 一美
所在地
〒144-0055 東京都大田区仲六郷1-40-18
電話番号
03-3731-4437

本園の沿革

本園は、戦災により焦土と化したこの地に、地域の方々のご要望に応え「日本福音ルーテル蒲田教会」の事業として1952年(昭和27年)4月に東京都の認可を受け、宗教改革者マルティン・ルターの信仰を受け継ぐプロテスタント教会である「宗教法人・日本福音ルーテル蒲田教会附属幼稚園」として幼児教育・保育をスタート致しました。

教育方針

キリスト教の精神に基づき、聖書のことばである『若い日に創り主を覚え、神と人から愛される子どもになるように』という「教育目標」を掲げ、園児一人ひとりを神様によって生かされている“かけがえのない存在”として、園児の在りのままを受け入れ、個々の発達段階を受け止め寄り添いながら誠心誠意豊かに接し、感謝する心・豊かな感性を育むことを目指しています。また園と保護者との連携を大切にし、子育て支援を通して親子も教職員も共に育ち合う園として歩んでいきます。

制服について

写真のような制服を使用しております。

給食について

*「お弁当日」と「全員給食日」について*

2021年度から子育て支援の視点で保護者の子育てをサポートすることを目指し、ご家庭で作っていただくお弁当日を大切にしながら、全員給食の日を月に4回実施致します。
幼児期の食生活にとって「食育」は大切であることを踏まえ、保育の中で今までより一層、充実した食育に取り組んでまいります。
給食日・・・月4回 
曜 日・・・木曜日

※4回の給食日には「ごはん給食」と「パン給食」の日があります。アレルギー対応食も可能です。 

*選択制「注文給食日」について*

就労家庭や出産後の子育て家庭などへのサポートとして水曜日に選択制による「注文給食日」を設けます。アレルギー対応食です。
※水曜日は午前保育の日ですが、預かり保育を利用なさる方で給食をご希望の場合は注文してください。前もって献立表と申込書を配付致しますのでご提出ください。

子育て支援プログラムについて

子育てについて色々な思いなどを分かち合い、お交わりのよい機会として下記のプログラムを行っています。
担当:園長 矢木 一美

*在園保護者を対象に『子育てを共に』
月2~3回 金曜日の午前中

*未就園児保護者と対象に『子育てをご一緒に』
月1~2回 火曜日の午前中

どちらも託児も致します。
尚、行事等で変更する場合もあります。

交通アクセス

住所:〒144-0055 東京都大田区仲六郷1-40-18
TOPへ戻る